印鑑ケースや朱肉の選び方で押さえておきたいポイント

印鑑ケースの選び方で押さえておきたいポイントはこれだ!

「かっこいい印鑑が欲しい」「オシャレな印鑑を使いたい」と考えている方はいませんか?

印鑑の選び方で迷っている方は多いのですが、印鑑ケースにも気を配ってみてはどうでしょうか。

印鑑を購入すると一緒にケースが付いてくるものの、ケースが壊れたりデザインが気に入らなかったりすることはあります。

そんな時にオシャレでかっこいい印鑑ケースを購入するのは選択肢の一つですね。

皆さんが想像している以上に印鑑ケースは重要で、どのような役割を果たしているのか幾つか挙げてみました。

    • 実印や銀行印などの印面部分を保護する
    • 印材の変質を防いで長持ちさせる

印鑑のフチが欠けたり傷が付いたりすると異なる印鑑(印影)と判断されることがありますので、収納する印鑑ケースの選び方は大事です。

以下では印鑑ケースの選び方で押さえておきたいポイントを紹介していますので、何を基準に選べば良いのか参考にしてみてください。

印鑑に合わせて丁度良いサイズを選ぶ

印鑑ケースを購入するに当たり、印鑑に合わせて丁度良いサイズを選ぶべきです。

自分が持っている印鑑のサイズに合っていないと、収まりが悪くて中で動いて傷が付くことがあります。

そのため、ネット通販のショップで印鑑ケースを購入する場合は特に、「ピッタリのサイズでフィットするのか?」といった点で比較しないといけません。

印鑑の形状は、次のようにたくさんの種類があります。

    • 持ち手がまっすぐで丸印向けの「丸寸胴タイプ」
    • 丸印で持ち手がくびれている「丸天丸タイプ」
    • 角印でまっすぐの状態になった「角寸胴タイプ」
    • 角印で持ち手がくびれている「角天丸タイプ」

印鑑は思いのほかデリケートですので、形状の種類に合わせて収納した時にカタカタと鳴らないサイズの印鑑ケースがおすすめですね。

蓋が開けやすいのかどうかで比較する

ネット通販のショップでは判断が難しいのですが、蓋が開けやすいのかどうかは印鑑ケースの選び方のポイントになります。

蓋が開けにくい印鑑ケースを使っていると、どのような弊害があるのかまとめてみました。

    • 中々開かなくて無理に力を入れた時に印鑑を落としてしまう
    • 印鑑が落ちた衝撃でフチが欠けてしまう

印鑑は天然の素材で作られていますので、ちょっとした衝撃や劣化に弱くなっています。

そこで、通常の横開きタイプの印鑑ケースが開けにくいと感じている方は、パカっと上から開閉できるがま口タイプの印鑑ケースを選びましょう。

蓋が開けやすい印鑑ケースでも不注意で印鑑を落としてしまうことはありますので、耐久性の高いチタン印鑑がおすすめです。

チタン印鑑は強度と耐久性が高くて経年劣化が少ないので、この素材で作ってもらってください。

ケースの中で印鑑が動かないものを選ぶ

上記でも軽く説明しましたが、ケースの中で印鑑が動かないものを選ぶべきです。

あまりにも大きなサイズの印鑑ケースの中に収納していると次のようなデメリットがあります。

大きな印鑑ケースのデメリット
  1. 印鑑を外出先に持ち運んで使う機会が多い
  2. ケースの中で印鑑がカチャカチャと動く
  3. 朱肉ケースや内蓋にぶつかって破損する
  4. 異なる印鑑(印影)と判断されてしまう
印鑑の素材は意外と脆いため、ジャストフィットするだけではなく、スポンジやベルベット素材の布で印鑑を保護してくれるケースを選びましょう。

素材で比較する

印鑑と同じように、印鑑ケースも商品によって様々な素材が使われています。

本革を使ったものや布をつかったもの、プラスチック製など種類が多いので、素材で印鑑ケースを比較するのは選択肢の一つですね。

ここでは印鑑ケースで使われている素材の大まかな特徴を紹介していますので、自分に合うものを探してみてください。

    ワニ革:高級バッグや財布で使われることの多い高級素材で、独特の鱗柄が美しい「はらワニ」や最高級品の「クラウン」など幅広い種類がある
    ヘビ革:白と黒のコンビネーションが美しいワイルドな模様で、力強い質感で男性から高い人気を得ている
    チタンカラー+金属枠:チタンの風合いを持つ特殊加工の硬質プラスチックで、耐久性に優れた金属フレームを使っている
    ファブリック+ネオクローム:カラフルでデザイン性が高く、モノグラム柄や花柄など女性に向いている
    本牛革+ネオクローム:滑らかな美しさと高級感が人気の理由で、高品質で耐久性もそれなりに高い

実店舗と比べてみると、ネット通販のショップでは豊富な素材から印鑑ケースを選べる傾向があります。

お気に入りのデザインで長く使う

同じ素材を使った印鑑ケースでも、見た目のデザインは豊富です。

印鑑も印鑑ケースも長く使う形になりますので、「お気に入りのデザインかどうか」「使用するシーンに向いているのか?」という2つは意識しないといけません。

自分の好きなカラーは人によって異なるため、「これだ!」というデザインの印鑑ケースを購入すれば愛着が湧きますよ。

ただし、会社実印や会社認印などビジネスシーンで使う印鑑ケースは、なるべく落ち着いたデザインを選ぶのが無難です。

あまりにも奇抜すぎる印鑑ケースを使っていると、「ビジネスをなめているのかな?」と思われることがあります。

個人印であれば周りの目線を気にしなくても良いので、飽きの来ない自分に合うデザインの印鑑ケースを購入してみてください。

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

朱肉の選び方で押さえておきたいポイントはこれだ!

印鑑と合わせて購入するグッズとして、印鑑ケースや朱肉が代表的です。

印鑑に欠かせない小物の中で朱肉も皆さんが考える以上に大事で、その理由を幾つか挙げてみました。

    • 朱肉の良し悪しによって印鑑の押し心地が左右される
    • 質が低い朱肉は印面にスムーズに付けづらい(印影がかすれる)

印鑑ケースに付属されている朱肉を使っている方は多いのですが、「朱肉を付けづらい」「印面の枠に当たって欠けやすい」といったトラブルがありますので、あくまでも携帯用や臨時用と捉えておくのが良いでしょう。

ここでは朱肉の選び方で押さえておきたいポイントを紹介していますので、どのようなアイテムを購入すれば良いのかチェックしておいてください。

スポンジ朱肉か練り朱肉かで比較する

私たちが普段から良く目にする朱肉は、スポンジ朱肉と練り朱肉の2つに分けられます。

「スポンジ朱肉は速乾性が高い」「練り朱肉は本格的」というのが大まかな違いで、比較するポイントの一つですね。

スポンジ朱肉と練り朱肉は、次のようにメリットに違いがあります。

スポンジ朱肉のメリット
  • スポンジに液状の朱肉がしみ込んでいるため、簡単に捺印できる
  • 何よりも乾燥するまでの時間が短く、スピーディーさが物を言うビジネスシーンで役立つ
  • 補充インクを足すだけなのでメンテナンスが簡単
  • インクが乾いていないことによる他の書類との付着を予防できる
練り朱肉のメリット
  • 色合いや押した風合いに深みがあって美しい捺印ができる
  • 変色や退色に強く、絵画や書道、証券用として用いられている
  • 「明るい~暗い」と色のバリエーションを楽しむことができる
  • 押してから長期間が経ってもクッキリと朱色が綺麗に残る
事務用や日常的な押印にはスポンジ朱肉、重要なシチュエーションでの契約には練り朱肉がおすすめです。

自分が印鑑を利用するシーンに合わせて、適切な朱肉を選択しましょう。

利用シーンに合わせてサイズを決める

朱肉は自分が印鑑を利用するシーンに合わせて、適切なサイズを決める必要があります。

以下では、朱肉のサイズの具体的な選び方についてまとめてみました。

持ち運ばずに社内に置いて使う予定⇒押しやすいように大きめのサイズの朱肉を選ぶ
持ち運んで使う機会が多い⇒そこまでかさばらないサイズの朱肉を選ぶ

あまりにも小さいサイズだと使い勝手が悪いので、直径30mm(印鑑登録できるサイズは8mm~25mm)くらいあればOKです。

持ち運ぶ時は蓋がしっかりと閉まる

持ち運ぶ時に、蓋がしっかりと閉まる朱肉を選ぶのは意外と大事ですよ。

大きめの朱肉で卓上タイプの蓋を乗せるだけの製品だと、移動中にカバンの中が大変なことになってしまいます。

そのため、カバンの中で動いても蓋が外れないように、ネジ蓋になっている朱肉を選びましょう。

現在では文房具屋さんだけではなく、100円均一でも朱肉が販売されるようになりました。

しかし、実店舗で取り扱っているような安物の朱肉は失敗の原因になりやすいので、それなりに品質の高い製品を購入すべきです。

印鑑ケースや朱肉もインターネット通販で購入しよう

「印鑑」「印鑑ケース」「朱肉」などのグッズを実店舗で購入しようと考えている方は少なくありません。

実際に自分の目で確かめて購入できるところが魅力的ですが、高品質な印鑑ケースや朱肉が欲しいのであればインターネット通販を利用しましょう。

なぜインターネット通販で印鑑ケースや朱肉を購入した方が良いのか、幾つかのメリットを挙げてみました。

インターネット通販で購入するメリット
  • わざわざ実店舗まで足を運ばなくても、1台のパソコンやスマホがあれば気軽に注文できる
  • 料金が安くて尚且つ品質の高いアイテムが揃っている
  • 自分が希望する印鑑ケースや朱肉を手に入れることができる
料金の安さやクオリティの高さで比較してみると、実店舗よりもインターネット通販に軍配が上がります。

Inkans.com(インカンズ)ハンコヤドットコムなどの大手のショップでは、豊富な種類の印鑑関連グッズが販売されていますので、「これを使いたい!」という印鑑ケースや朱肉を探してみてください。

まとめ

以上のように、印鑑を保護する印鑑ケースや綺麗な拇印を押す朱肉には、選び方で押さえておきたいポイントがたくさんあります。

印鑑をサポートするグッズですので、自分の利用シーンやデザインに合うのかどうかで比較すべきです。

インターネット通販であれば豊富な種類の中から比較して選び、簡単に注文することができます。

実店舗で印鑑ケースや朱肉を購入予定の方は、一度考え直してみてください。

Inkans.com(インカンズ)



ハンコヤドットコム